既存住宅状況調査の内容


当法人は、中古住宅の購入希望者に物件の状況を十分に把握していただけるよう、国土交通省が定めた調査項目に加え、オリジナル調査項目を加えた既存住宅状況調査(インスペクション)を標準として提供いたします

当協会のオリジナル調査項目(一例)


PC連動型屋根点検用カメラによる調査により、目視では不可能だった屋根の劣化状況を確認できます。

 

【調査項目】

  • 瓦の割れ・欠損
  • 副資材の反り・変形
  • 瓦・棟押さえ金物の固定状態
  • 瓦の変退色
  • 雨樋の破損
  • 瓦の汚れ・藻・カビの発生 など

 

外壁の塗装の劣化によるチョーキング(白亜現象)の発生を確認します。外壁材に雨水が浸透し、外壁材の劣化が進行しやすくなることがわかります。

外壁の含水率を測定する専門の計測器で壁体内の水分量を確認します。これにより、外壁の劣化状況や、ひび割れ発生の可能性がわかります。

この他にも調査対象物件の内容に応じて独自の調査項目を設定しています。また、今後も研究を重ね、調査のクオリティを高めていきます。

国土交通省の定めた調査項目


調査内容は建物の構造(木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造等)によって区分されており、各部位の劣化事象を計測・目視等で調査します。その内容を例示すると下記のとおりです。

 

【木造の既存住宅の調査】

 

 ①木造の対象住宅のうち構造耐力上主要な部分に係る調査

  対象部位:基礎・土台及び床組・床・柱及び梁・外壁及び軒裏・バルコニー・内壁・天井・小屋組

 

 ②木造の対象住宅のうち雨水の侵入を防止する部分に係る調査

  対象部位:外壁・軒裏・バルコニー・内壁・天井・小屋組・屋根

 

 

【鉄骨造の既存住宅の調査】

 

 ①鉄骨造の対象住宅のうち構造耐力上主要な部分に係る調査

  対象部位:基礎・土台及び床組・床・柱及び梁・外壁及び軒裏・バルコニー・内壁・天井・小屋組

 

 ②鉄骨造の対象住宅のうち雨水の侵入を防止する部分に係る調査

  対象部位:外壁・軒裏・バルコニー・内壁・天井・小屋組・屋根

 

 

【鉄筋コンクリート造等の既存住宅の調査】

 

 ①鉄筋コンクリート造等の対象住宅のうち構造耐力上主要な部分に係る調査

  対象部位:基礎・床・柱及び梁・外壁・バルコニー・内壁・天井

 

 ②鉄筋コンクリート造等の対象住宅のうち雨水の侵入を防止する部分に係る調査

  対象部位:外壁・内壁・天井・屋根

料金


既存住宅状況調査(インスペクション)の基本報酬は、一般的な戸建住宅で1件当たり5万円(税別)となります。

オプション項目による追加料金については下表をご参照ください。

  

オプション調査項目

  追加料金

設備配管(給水・給湯管の発錆による赤水、漏水) 0円
設備配管(換気ダクトの脱落) 0円

給排水設備・電気設備・ガス設備

(キッチンコンロ、換気扇やパッケージエアコン等の設備機器の作動不良等)

0円
門、塀等の工作物、車庫、擁壁等の目視可能な範囲の調査 0円
樋の詰まり等、清掃により解消するものの調査 0円
住宅の汚損等、清掃により解消可能なものの調査 0円

※床下点検口からの目視調査は追加料金は不要ですが、床下内部に入ることによる詳細調査は別途1万円頂戴いたします。

※小屋裏調査は点検口からの目視調査のみとなります。

 

上記報酬は原則として岡山県内に所在する物件に適用いたします。ただし、岡山県内にあって中国自動車道以北の物件につきましては、遠隔地割り増しとして10%頂戴いたします。

岡山県外の物件についても対応可能ですが、報酬につきましては別途ご相談ください。

一般社団法人 岡山県既存住宅状況調査協会

〒700-0971

岡山県岡山市北区野田3丁目22-17 誠ビル1F

TEL :086-250-2299

E-mail : info@hi-okayama.jp